嘘

小説 SF

綿瀬 夕

(1)

○年後の自分からメールが届いた。

完結

22ページ

更新:2016/10/09

説明

時は2080年。医学が発達し、自分の寿命が正確にわかるようになった未来世界。主人公は余命45日と「死の宣告」をされてしまう。逃れられない運命に絶望した彼は、恋人に別れを告げるなど終活を始めるのだった。そんな死を間近に迎える男の前に、ある日、1通のメールが届く。その差出人は「1年後の自分」からだった……。

概要はMAG2NEWSから引用しています。

誤字脱字多くてすみません。
随時修正中です。

この作品のタグ

作品レビュー

綿瀬 夕さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント