五十嵐探偵事務所の探偵たち

小説 ミステリー・推理

五十嵐探偵事務所の探偵たち

せっきー

五十嵐探偵事務所。そこには、個性的な探偵たちがいた。

完結

436ページ

更新:2017/03/19

説明


私、須藤未来(みく)は東京に憧れだけを抱いて上京した。けど、送るのはバイト生活だけ。

そんなバイトも、どれも長続きせず、二、三ヶ月でクビになることがほとんどだ。

その日も、ファミレスのバイトをクビになった私は、途方に暮れながら俯いて何も考えず足だけを進めていた。

「人員募集」の貼り紙が目に飛び込んできたのはそんな時だ。電信柱の隅に貼られていたその紙は、不審さが漂っていたけれど、私はそこに行ってみることにした。

三階建ての建物で、看板には「五十嵐探偵事務所」の文字。

その名の通りそこは探偵事務所で、個性豊かな探偵たちがいた。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

せっきーさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません