さよならの代わりに(密やかな棘)

小説 恋愛 大人の恋

さよならの代わりに(密やかな棘)

さよならの代わりに(密やかな棘)

白石さよ

(63)

「僕が悪い男だったらどうしますか?」一夜の相手は社内で最も近づいてはいけない男

連載中

805ページ

更新:2017/03/27

説明

3/24お知らせ諸々[リンク]


本編完結・今は皆川編更新中です。

*11/10に書籍が発売されました。ご購入下さった皆様、連載に足を運んで下さった皆様、ありがとうございました。

*書籍化にあたりタイトルを「密やかな棘」→「さよならの代わりに」に変更しています。

*中盤に登場する「内山くん」は「雪華~君に降り積む雪になる」[リンク]の主人公、(内山)篤史です。


***

29歳、5年間彼氏なし。
仕事のキャリアは今一つ。
結婚の気配も全くなし。

3年越しの片想いも無惨な結末に。


自棄酒で記憶を無くした夜、
目覚めた私の隣にいた見知らぬ男は──



すべてに冴えない平凡女子

×

冷徹無比なリストラの鬼


アンバランスな二人の行く末は。



2016.6.16開始-2016.10.10完結
2016.10.18~皆川編開始


■その他の作品■

*2016.4書籍発売
「雪華~君に降り積む雪になる」[リンク]


*2015.10書籍発売
「優しい嘘(ダブルプラチナ)」[リンク]
エブリスタ小説大賞2015-2016グランプリ作品に選出頂きました。読者の皆様、ありがとうございました。


*2014.1書籍発売
「不器用な唇」[リンク]


*2014.12書籍発売
「イノセントキス」[リンク]

書籍化情報

書籍名:さよならの代わりに

出版社:三交社

発売日:2016/11/10

Amazonで見る

この作品のタグ

作品レビュー

白石さよさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません