このページのリンクアドレス

エブリスタ
RebirthI

小説 ファンタジー

RebirthI

影無六識

(1)

何度死んでも僕は生きる。

連載中

437ページ

更新:2017/08/14

説明

「私はいつか君を殺す」
「俺はいつまでもお前を殺し続ける」
「あたしはいつだって君を殺したい」
「僕はいつもお前が嫌いだ」


 僕が十五歳になる夏のある日、世間を賑わせているある事件に巻き込まれることになる。
 それがきっかけなのかは知らないけれど、次々とおかしな出来事が僕らの前にやってくることになって、正直面倒だ。


 それでも僕は、生きるために戦う。たとえその先に待っているのが自らの死であっても。
 だからそれは、終わりのない消耗戦に似ている。
 ぐだぐだでも、なあなあでも、最後には。

 何かがあると信じている。


―――――――
 かなり行き当たりばったりに書いているので面白いかどうかはわかりません。
 下手だし。

 更新は遅いです。すみません。
 指摘等あれば、教えてください。

 異常、常在。即ち、正常。

この作品のタグ

作品レビュー

影無六識さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント