このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は半年以上更新されていません。

こえど湯、騒動日記。

小説 ライトノベル

こえど湯、騒動日記。

かすみん。

商店街の端っこにある昔ながらの銭湯『こえど湯』を舞台にしたほっこりなお話。

休載中

20ページ

更新:2016/12/31

説明

双葉社ライト文芸賞②キャラクター小説部門 エントリーしてます。

失業して実家に戻って来た本間大吾は、商店街の端っこにある昔ながらの銭湯『こえど湯』を継いだという幼なじみ・里梨千幸と再会する。
ともに甲子園の土を踏んだ千幸はあまりにも外見が変わっていて、大吾は動揺してしまって……。

子どもの頃からバッテリーを組み続けた大吾と千幸が、息が合うのか合わないのかわからない凸凹振りで、『こえど湯』周辺で起こる謎や困りごとを解決していく物語です。



■おもな登場人物

本間 大吾(ほんまだいご) 24歳
物語の語り手。
元甲子園球児(捕手)で、会社が倒産して地元に帰ってくる。次の仕事を探しつつ、かつて自分と千幸が在籍していた少年野球チームの監督に就任する。
生真面目で実直で固い。優しい。
大柄でがっちりした体つきもあって、学生時代から千幸からは「岩」「岩石」と呼ばれている。


里梨 千幸(さとりちゆき) 24歳
少年野球チームと高校時代に大吾とバッテリーを組んでいた元甲子園アイドル。投手。
すらっとしてモデルのような雰囲気で、優しげな美形。表向きはその見た目通りの優しい言動が多い。
だが、本性は口が悪く、辛辣。その本性は大吾に対してのみ発揮される。二重人格レベル。
更に、常に女性物の和服を着ているため、ひさしぶりに再会した大吾を悩ませてしまう。
実家の銭湯『こえど湯』を継いでおり、経営の難しい銭湯を潰さないためにいろいろ努力中。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント