銀のナイフ

小説 SF

銀のナイフ

浮影 あや子

(1)

――私なら、あいつを殺せるころせるコロセル。

完結

14ページ

更新:2017/03/21

説明

「ねえ、最近この辺に通り魔が出るって」
「ヴァンパイアかもしれないらしいよ」

古くから語り継がれてきた「吸血鬼」の伝説。
吸血鬼は架空の存在ではなく、遺伝子の突然変異によって発症する難病、【吸血鬼化症候群(ヴァンピリック・シンドローム)】の患者であることが研究により明らかになっていた。

通り魔は大学に侵入し、そして。



「ギリギリ」妄想コン参加作品。

この作品のタグ

作品レビュー

浮影 あや子さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント