このページのリンクアドレス

エブリスタ
僕がママをママに選んだ理由(わけ)。

小説 ファンタジー

僕がママをママに選んだ理由(わけ)。

小鳥遊 雪都

僕とママが出逢ったのはね、偶然じゃないんだよ?※細々修正中

完結

16ページ

更新:2017/06/01

説明

ある年の四月のはじめ、私は赤ちゃんを授かった。

幸せだった。

本当に幸せだった。

けれど、その赤ちゃんは流れてしまった・・・。

きっとそれは私があんなことを言ったから・・・。

『私』は後悔の念に囚われる。

そんな『私』を救ってくれたのはその流産のあとに授かった『息子』だった。

『息子』が語る事実。

その事実に『私』は涙を流した。

『ママ。運命って不思議だね!』

小さな王子様はそう言って微笑む。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

小鳥遊 雪都さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント