このページのリンクアドレス

エブリスタ
命の半分

小説 青春・友情

命の半分

湯浅祥司

――生きるということの意味。

完結

14ページ

更新:2017/05/23

説明

 中年サラリーマンの福岡公一(ふくおかこういち)は、自ら命を絶とうとしていた。最愛の妻と娘を突如として失い、その直後に勤めていた会社は倒産。再就職のメドは立たず、マイホームのローンも残っていて、もはや生きていく気力を失ったからだ。

 死を決意し、列車に飛び込もうとホームに立った公一。だがその時、思いも寄らない事態が起きて……。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

湯浅祥司さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント