このページのリンクアドレス

エブリスタ
遠音の海~トオネノウミ~

小説 ミステリー・推理

遠音の海~トオネノウミ~

ケーナ@夏季休暇中

しゃべる猫と、鎌倉野菜と、湘南の海と風。

連載中

127ページ

更新:2017/08/14

説明

 病で余命宣告された西浄貴和美(さいじょう きわみ)は、病気回復祈願のため鎌倉を訪れていた。

 ベンチの上で休む猫「天糺」に呼び止められ、鎌倉野菜の創作料理屋「三糺(さんきゅう)」に足を踏み入れる。
 そこで店主の土方一楽(ひじかた いちらく)と出会う。一楽は、貴和美のために命をあざなう料理をふるまう。


******

一楽が飼う3匹の猫
 天糺(てんきゅう) 三糺名物の招き猫。茶トラ。賢い。貴和美だけに声が聞こえる。
 風糺(ふうきゅう) チビの三毛猫。まだ子ども
 山糺(やまきゅう) デブの白黒ブチ。いつも仰向けでだらしなく寝ている。人懐こく、愛嬌あり

ライトノベル・ラブ・ファンタジー

*******

2017.7.4 連載開始

「新作セレクション[8/10]」にセレクトされました。
ありがとうございます!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ケーナ@夏季休暇中さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません