このページのリンクアドレス

エブリスタ
王の剣士1 「夜行の列」

小説 ファンタジー

王の剣士

王の剣士1 「夜行の列」

雅(みやび)

その身に宿すのは、美しい二振りの長剣――


身の内に剣を宿す「剣士」。
剣士の中でも稀有な..

完結

231ページ

更新:2017/07/11

コメント:「王の剣士」という気長に書いているシリーズの第1話です。やや硬めですが長編がお好きな方、ぜひ

説明

その身に宿すのは、美しい二振りの長剣――


身の内に剣を宿す「剣士」。
剣士の中でも稀有な二刀を有するレオアリスは、
17歳という異例の若さでアレウス王国近衛師団第一大隊大将となる。
年若き近衛師団大将と、彼を支える部下達を描いた成長譚。


剣士とは、諸刃の剣か。

絶対の信頼か。


[story]
収穫祭に沸く王都の街を、異形の列が歩く。夜行に引かれて行く少女達。事件の現場に漂う法術の気配に気付いた近衛師団大将レオアリスは、少女達の捜索に関わる。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

雅(みやび)さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント