このページのリンクアドレス

エブリスタ
【完全版】神が眼鏡をかけない理由

小説 経済・社会・政治

【完全版】神が眼鏡をかけない理由

仁科 カンヂ

眼鏡から電波を送受信されていることが明らかになったとき……恐るべき真実が

連載中

22ページ

更新:2017/08/20

コメント:神が眼鏡をかけない理由の完全版です。

説明

人間は知ることによって壊れることがある。
知ることは必ずしも高みに立つことにつながるわけではない。

アダムとイブもまた然り。

知ることによってエデンを追われた。
それは罪を背負ったのではない。
いられなくなったのである。

人間が知ってはいけない知識。

それは次世代の電波形式5Gを実用化まで開発することが可能になったことで知ることになる。

それは、
「全ての眼鏡が5Gを送受信していた」こと。
この事実から恐るべき真実まで容易にたどり着いた。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「オールジャンル募集 30000字小説コンテスト」[リンク]
出品作品

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
続編
『神と対峙し世界を創る[リンク]』
VRを使えば誰でも死後の世界に行ける。その事実を知った政府は……

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

仁科 カンヂさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント