このページのリンクアドレス

エブリスタ
先生はセラピスト

小説 恋愛 純愛

先生はセラピスト

マメシバ

片思いの先生は学校を辞めてセラピストになった。

連載中

1ページ

更新:2017/08/10

コメント:恋に落ちたら、なにも知らなかった頃には、戻れません。

説明

菊地杏樹は私立高校3年、17歳。英語教師、バレー部顧問の藤崎真二に恋している。先生もなんとなく杏樹に好意をしめしてくれる。
しかし、藤崎はやりたい事があると言い、教師を退職、セラピストとなる。
藤崎は自分の心の傷を自らが、セラピストになることで癒そうとする。
諦められない杏樹は藤崎を追うが藤崎は冷たい。
もう、昔の僕じゃない。教師の僕を忘れて欲しいと。フリーで働く事の厳しさを藤崎は思いしるのだった。壁にぶつかる藤崎を杏樹は応援したいと思うのだが…。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

マメシバさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません