このページのリンクアドレス

エブリスタ
ハタシアイ

小説 ライトノベル

ハタシアイ

仁志田寛正

(2)

一度捨てた命、死にもの狂いの恐ろしさ。復讐に使ってみませんか?

連載中

62ページ

更新:2017/08/15

コメント:コメディとシリアス、両方楽しんで頂ければ幸いです。

説明

ハタシアイ制度(リベンジシステム)いじめ・差別・虐殺――。ある条件化で、理不尽に受けた屈辱や無念を、当人が自殺する前に、その加害者へ政府公認機関の下、復讐するか否かを決める制度。自殺者が増える一方の情勢に、業を煮やした政府が打ち出した、非人道的制度。
いじめを苦に自殺を決行するタツマの前に、教官(フィクサー)コールマンが現れハタシアイ制度適合者である事を伝える。
一度は捨てた命……タツマは苦難と苦痛から解放される為に命懸けの復讐へと駆り立てられた

この作品のタグ

作品レビュー

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません