このページのリンクアドレス

エブリスタ
七海を甲子園に連れてって

小説 青春・友情

七海を甲子園に連れてって

もーたん

揺れ動く思春期 白球に全てをかけたりかけなかったり

連載中

43ページ

更新:2017/09/20

コメント:野球も恋も思春期も できるだけ詰め込んでみました!

説明

「七海を甲子園に連れてって」

幼馴染で家が近所。七海の家が喫茶店を経営している。
それだけで事あるごとに、あの有名野球漫画と比較されたり茶化されたりしてきた、野球少年堀田圭介と野球大好き柳田七海。
それに対する反発からか、それとも思春期特有の心の揺れ動きからか、お互いが別々の高校に進学することで、圭介の「七海を甲子園に連れて行く」という夢は儚くも散りさることになってしまう。

甲子園を目指すライバル校同士。
圭介は選手として、七海はマネージャーとしてお互いがお互いの青春を白球中心に駆け抜けていくが…。

ーー思春期特有の様々な葛藤を抱えつつ、野球に全てをかける幼馴染の物語。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

もーたんさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント