このページのリンクアドレス

エブリスタ
伴場 理太郎(はんば りたろう)の場合

小説 ホラー・オカルト

鹿翅島‐しかばねじま‐

伴場 理太郎(はんば りたろう)の場合

寝る犬

独身サラリーマン、りたろうの場合。

完結

8ページ

更新:2017/08/20

説明

 いつもと変わらないはずの金曜日。
 穏やかな夜明けを迎えたかに見えた彼らの街は、いたる所からあがる悲鳴に満たされた。

 一瞬で、音も無く半径数キロメートルの小さな島『鹿翅島‐しかばねじま‐』へ広がった「何か」は、平和に暮らしていた街の人々を生ける屍に変えて行く。

 隔離された環境で、あるものは戦い、あるものは逃げ惑う。

 ゾンビアンソロジー。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

寝る犬さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント