このページのリンクアドレス

エブリスタ
月の光

小説 恋愛 学園

月の光

蝦夷雪ひつじ

(3)

『月の光』を奏でていたのは・・・・・・ーー

完結

8ページ

更新:2017/09/02

コメント:妄想コンテスト『恋の始まり』応募作

説明

夕日に染まる音楽室。
古くても未だ光沢を放つピアノの黒。
その鍵盤を叩くひとの横顔を瞳が映した瞬間、私は息を飲んだ。

ー本文よりー

この作品のタグ

作品レビュー

蝦夷雪ひつじさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント