このページのリンクアドレス

エブリスタ
淡い夢の美しさを知っている

小説 ライトノベル

淡い夢の美しさを知っている

聖 聖冬

望んだのは小さな夢 与えられたのは冷たな剣

完結

51ページ

更新:2017/08/23

コメント:どぞ、よしなに

説明

古くから有るしきたりで、身寄りの無い私は生贄に選ばれた。両親は幼い頃に死に、ずっとひとりで生きてきた。

※本作品はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。( ̄▽ ̄)

コメント随時受け付けております、気付いたらどんなコメントも真面目に返します。

【淡い夢の美しさを知っている】第1部完結です。

この後はふたつの物語に別れます。

【淡い夢の美しさを知っている -美しい夢編-】

【淡い夢の美しさを知っている -淡い夢編-】

このふたつに別れます。

美しい夢編はクライネが主人公となり、淡い夢編はアイネが主人公となります。

アイネが主人公が良いという人は、美しい夢編に進んでください。

クライネが主人公が良いという方は、淡い夢編に進んで下さい。

少し変わった書き方をし始めますが、楽しみにお待ち下さい((o(。>ω<。)o))

途中から皆さん参加型です!!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

聖 聖冬さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません