このページのリンクアドレス

エブリスタ
無職無能の最強双剣士 ~圧倒的努力に勝る強さはない~

小説 ファンタジー

無職無能の最強双剣士 ~圧倒的努力に勝る強さはない~

虎上 神依

(5)

最弱の双剣士が最強へと成り上がり世界の『真実』を明かしに行く――

連載中

317ページ

更新:2017/09/20

コメント:ジャンル別4位、総合30位らしいよ。現在エブリスタ形式に小説を移行中、ページずれるかもしれませんがご了承下さい。

説明

公開から14日以内で閲覧者数25000とスター1300突破! 皆さんありがとうございます!
宜しければ新作「俺の職業は魔獣ですがなにか?」[リンク]も見て下さい!

5歳になった子供は神から魔獣に対抗するため成長する力である職業と天恵であるユニークスキルを授かる。
そして職業と天恵を授かった人々はそれにそった生活をしているのだった。
ある者は戦士、格闘系の天恵を授かり魔獣と戦う。
ある者は商人、道具創作スキルや鍛冶スキルを貰い受け、冒険者らが求める武器、道具などを売りさばく。
ある者は勇者、世界を救うため人族と敵対する魔族と命懸けで戦う。
だが、そんな様々な職業やスキルがある中で数百万人に一人という圧倒的な低確率で職業を持たない”無職”、またはスキルを持たない“無能”という存在がいる。
”無職”または“無能”は能あるものよりも弱く嘲笑や軽蔑の対象となっていた。

そしてそんな世界で職業もスキルも持たない無職無能――即ち『超無能』と呼ばれし超類稀な存在がいた。

最底辺である『超無能』の双剣士、どんな者よりも弱いはずであるその存在。
しかし、その男は圧倒的な努力と熱血パワー、成長の過程で稀に手に入るエクストラスキル『魔獣召喚』により、最強に至っていた。

★お知らせ 小説家になろうにて掲載しているものですので予めご了承下さい。
リンク:http://ncode.syosetu.com/n7474ee/


《勉強中の身のため、良ければ小説内の違和感や駄目な部分を教えていただけると幸いです。コメントでは良い部分だけでなく駄目出しや酷評等も遠慮なく書き込んでいただけると今後の成長にも役立てられるので嬉しいです。新参者ですが、今後ともよろしくお願いします!》

この作品のタグ

作品レビュー

東堂薫
東堂薫さん
【作品】無職無能の最強双剣士 ~圧倒的努力に勝る強さはない~についてのレビュー

ネタバレ

イベント書こうぜから来ました。
虎上さん自身のイベで、以前、お世話になってますので、甘口ではなく、甘辛くらいで書きたいと思います。(もちろん、今後の向上のためです。正直な感想を)

まず、ばつぐんに面白い。設定がいい。
まだ冒頭しか読んでませんが、ふだんファンタジーを読まない僕でも、この作品は続きを読みたいと思いました。

ですが、ペコメのツッコミ満載なとおり、改善点は、いろいろあります。

改行を多くして、行間をとる。
ルビをふり、読みやすくする。

などのほかに、たとえば、他のかたのレビューで、9ページめだけ三人称になってるという指摘ですが、あれって、アニメやマンガなどでよくある、語り部ですよね? アニメなら声が変わるし、マンガなら囲みなどして、ひとめで違いがわかりますが、小説でするときは、開始前、開始後に***など入れ、そこだけ別物だということがわかるようにしましょう。

文章の読みやすさは一文を短くするよう心がけるといいですよ。今回、レビュー書こうぜイベントに参加されてるミウラさんの作品を参考にしてみてください。

けっこう辛口でしたか?
でも、虎上さんの作品は、それらを物ともしない面白さがあります。たくさんのペコメも、面白いからこそ、もっとよくなってもらいたいという、みなさんのあたたかいエールだと思います。

技術向上、大変だと思いますが、がんばってください。

もっと見る

2017/09/16 22:54
コメント(1)

虎上 神依さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント