このページのリンクアドレス

エブリスタ
夢駆けるババチャリ

小説 ファンタジー

夢駆けるババチャリ

皆藤黒助

(4)

少年が亡くなった祖母の実家の物置で見つけたのは、不思議な自転車だった……。

完結

246ページ

更新:2011/01/06

説明

反抗期真っ盛りの高校生・神田心一(カンダシンイチ)。

東京産まれの東京育ち、都会に染まって生きてきた彼が、親の都合で突如ド田舎の亡くなった婆ちゃんの住んでた家に引っ越す事になった。

すっかり生きる希望を失った彼は、家の物置で錆びついたママチャリを見つける。

そのママチャリは祖母の霊が『神様』として取り憑いた、通称『ババチャリ』だった……。


青春あり、恋愛あり、笑いあり、涙あり、そして盛り沢山な不思議あり!

素直になれない少年と夢のような自転車、そして不思議な少女のおりなす心温まる田舎恋愛ファンタジーを目指してます。

素晴らしい表紙は名称不明さん[リンク]に描いていただきました。ありがとうございます!

書籍化情報

書籍名:ババチャリの神様

出版社:双葉社

発売日:2017/8/5

Amazonで見る

この作品のタグ

作品レビュー

皆藤黒助さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません