このページのリンクアドレス

エブリスタ
指輪

小説 恋愛 純愛

指輪

華月

書いてみたかった小説です

完結

16ページ

更新:2007/03/31

説明

「ねぇ、早苗(さな)ちゃん。僕が大きくなったら結婚しよう。」そう言って指輪を渡してくれた。
『龍(りゅう)くん。これ、早苗の指から落ちちゃうよ?』
「大きくなって、指輪がはめられるようになったら、結婚するんだよ(*^_^*)」
彼はにっこり笑っていた。
二歳年上の男の子。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

華月さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません