このページのリンクアドレス

エブリスタ
中学3年の今

小説 青春・友情

中学3年の今

§伸弥§

僕の大事な思い出第一章

完結

2ページ

更新:2007/12/03

説明

今僕は今年の1年間を振り返っている。この一年で色々なことがあった。まず学校行事のスタートである体育会だった、その時僕は応援団にはいっていた。なかなかみんなの演技が揃わなくて何回も同じ演技を練習し次に進めなかった。でも団長が女だったため僕は皆バラバラでもいいから次に進まないと残り3週間だった。でも団長は皆が完璧になるまで次に進まないと言った。まだ僕は我慢してた。でも次の日、団長は予定の時間に来なかった。でも僕はたまにはだれだって遅刻するだろぅと思ってまだ我慢してた。そしてその日の放課後ついに僕や皆がキレた。その理由は、まだ皆が最後の演技を飛ばして団長の演技があった。僕達は必ず団長はできると思った。だが団長はやらなかっただから皆がキレた。そして体育会当日、僕達は仕方なく、我慢して応援団をやろうとした瞬間団長が皆を集めていきなり誤りだした。すると皆が団長をはげましたのだ。そしていよいよ僕たちの応援がっせんが始まった。その後は皆さんのご想像におまかせします。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

§伸弥§さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません