このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

BOXer[ボクサー]

小説 ミステリー・推理

BOXer[ボクサー]

静寂院降雪

「君に愚問だ。矮小な箱と、空虚な箱、撰ぶならばドチラ?」

休載中

10ページ

更新:2008/06/08

説明

唖然だった。
 
まさに唖然、言い換えるとすれば…
 
呆然。
 
某年、某月、某時刻
とある近郊地区で、事件が発生。
あわや迷宮入りになるほど、難解な事件。
行き詰まる捜査。
息詰まる捜査。
そして行き詰まる物語。
 
其処へ…
 
驚愕の根元
通り名(コードネーム)「BOXer」
 
――彼の者は問ふ。
 
「――貴方に取って置きの箱をプレゼントしましょう。
こちら、事件の[鍵]が入った箱か…
否否、事件の[陰]が入った箱か…
どうぞ、お好きな箱を――」

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

静寂院降雪さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません