このページのリンクアドレス

エブリスタ
声に出せない想い

小説

声に出せない想い

わらび

想いを素直に言葉に出来ていたら………

完結

293ページ

更新:2008/06/01

説明

この詩は、思春期に描いた、声に出せなかったあたしの想い。

ずっと大切にしまっていたあたしの宝物。

この詩を読んで、貴方は何を感じますか?


?Y思春期に書いた詩なので、表現がかなりつたないですが、読んでいただければありがたいです。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

わらびさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません