このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

紅の島

小説 ホラー・オカルト

紅の島

シンリュウ

主人公・桐生 神(キリュウシン)(17)が突如、ある島に連れて行かれた。

休載中

7ページ

更新:2008/03/16

説明

この国には、特別な島や地域がある。
その島や地域の通称は『死の地域』。

その一つに『紅の島』という島がある。
なぜ『紅の島』というのかというと、人々が殺し合い、血で紅く染まっているからだ。

その『紅の島』に桐生 神(17)が連れて行かれた。
神は生き残れるのだろうか。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません