このページのリンクアドレス

エブリスタ
殺された言葉たち

小説 恋愛 純愛

殺された言葉たち

速水 秋

「世界になんの興味を抱かなかったことが最大の間違いだ」

完結

65ページ

更新:2008/11/17

説明

一人を愛することが、どうしてこんなに辛いんだろう?
世界になんの期待も抱かない男と一人の不思議ちゃんの物語。
?ヤ登場人物?ヤ
市川 京(イチカワキョウ)30歳。小説家。栄未とは恋人同士。
柴田栄未(シバタエイミ)19歳。大学生。専攻は文学。

志村弥亜子(シムラヤアコ)33歳。京・栄未の親友。実はオカマ。

市川朝子(イチカワアサコ)33歳。京の実の姉。数年前に新進気鋭の作家としてデビューしたが、謎の自殺を遂げる。
羽音(ハネオ)
栄未を支配する謎の男。弥亜子・朝子の二人と知り合いらしい。

真家:栄未・羽音の祖母。2代前柴田家女当主。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

速水 秋さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません