このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

ボクと俺の遥かな雲路

小説 ファンタジー

ボクと俺の遥かな雲路

肉助|д・

自分が失ったのは憧れ焦がれた唯一の存在。

休載中

11ページ

更新:2009/10/24

説明

「地上」が腐敗して667年余り。
「西暦」が終わって666年余り。
「人類」が絶滅して665年余り。

この三年は「ビストライのロンド」と呼ばれた伝記。


誰もがそれを書物でしか識ることの出来ない只の歴史。

地上での営みが不可能になった生命は、空を目指した。
人類が空で発見した奇跡。
人類が残した最期の発明。
空中に持ち込んだ新たな世界は人類を選ばず一つの存在を残した。

ヌーボラマータ…。

雲の人形達…。


奇しくも人類を形作った生命達は…。
新たな生命を目指す。

この空で巻き起こるは…。
悲しくも過激な喜劇の狂騒曲[カプリッチオ]。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません