このページのリンクアドレス

エブリスタ
死神と名前

小説 ホラー・オカルト

死神と名前

ありえん☆

僕の名付け親は死神らしい―――全てにおいて平等な神。

完結

13ページ

更新:2008/06/06

説明

アド広オマージュ作品。
 
出展
■グリム童話『死神の名付け親』
 
 
僕の名前は黒重(クロエ)。
僕の名前を名付けたのは死神らしい。
 
死神――一般的に巨大な大鎌を持ち、黒を基調としたローブを身にまとった人間の白骨死体の姿で描かれる。
 
その大鎌を振り上げると、振り下ろされた鎌は必ずひとりの魂を獲ると言われ、死神の鎌から逃れるためには、他の者の魂を捧げなければならない――。
 
 
僕はいったい何人の命を捧げたら良いのだろう……。 

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ありえん☆さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません