このページのリンクアドレス

エブリスタ
『天国の花園』

小説 童話・絵本

『天国の花園』

海松房千尋

堕天使クルスは、小学生のすみれちゃんの夢を叶える為に地上へ降ります…

完結

29ページ

更新:2008/08/14

説明

天国の花園に咲く花は、全部人が見た夢。
人がその夢を描いた時に蕾が出来て、叶えた時に花が咲きます。

堕天使クルスは綺麗な蕾を見つけて、その花を咲かせる手伝いをするのが大好き。

ある時天国で一番綺麗な花の蕾を見て、どうしてもその花が見たくなります。

しかしその蕾の主の、小学生のすみれちゃんという女の子は、せっかくクルスが夢を叶えてあげるというのに、その夢がなんなのか、教えてくれません。

クルスは無事にすみれちゃんの夢を叶えて、天国の花を咲かせる事が出来るでしょうか?


※かなり昔に初めて書いた作品。

キリスト教的な宗教色がかなり強い作品です。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

海松房千尋さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません