このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

深淵の残滓

小説 ファンタジー

深淵の残滓

ロエタキオ

呪われし一族や! 闘人達の戦いも! 必見!

休載中

83ページ

更新:2009/12/17

説明

世界は滅びた。飢饉に疫病が世界に蔓延した絶望地帯。

連合軍が各国の侵攻を防ぐ為に…
〔古代の魔物〕を現代に復活させたのが原因だったのだ。

人間は酸素を吸い、
そして二酸化炭素を吐き、
植物や大地や海といった
大自然と共有を共にしてきた。

その吸って、吐く、生命の
“循環”は“輪廻”だ。
その共有を…この時代の人々は、
〔聖域〕と呼んでいた。

七賢者の一人は、
その、人の“聖域”と

魔物達の生態構造の
“聖域”が

入り交じった世界が訪れるのを予期していた。


そして、現実になってしまった世界の果て…

古代の魔物を復活させた事が、

世界中を包んでいる
“人の聖域”と、

“魔物の聖域”の、

拒絶反応による!原因に!
大飢饉や疫病が!
人類滅亡!という
悲劇を起こしてしまった…。

バカにしていた人達も…

絶望な情景に心が折れ…

たくさんのバケモノと
死の恐怖の光景を目にし、
世界中の人間は信者と化し、神乞いが増える始末…。


対立しあう二つの聖域の拒絶反応という…
まったく予想できなかった人類の滅亡、

その行く末、世界の行く末は?


世界の深淵にヒントを求め…
旅行く少年の物語りが

はじまる…

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ロエタキオさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません