このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

戦場の華たち

小説 SF

戦場の華たち

T・ハンプティ

華と戦場はかけ離れている。血が舞い、死が満ちる世界で彼女は自らを薔薇と名乗った。

休載中

38ページ

更新:2010/03/01

説明

◇◆◇◆◇薔薇◇◆◇◆◇

彼女は人間ではなかった。人間を越えた、戦場での道具。いつから人は戦いの意味を失ったのだろうか。いつから人は無意味な戦いをするようになったのだろうか。

彼女は身体を改造された。記憶も、自由すらもなく、人間を越えた少女は、寿命が尽きるのが人よりも早い。彼女のコアは、人の心臓よりも早く壊れる。
道具だった。彼女は戦いの道具にすぎなかった。

彼女は戦いをやめた。彼女の意思は改造はされたが、戦いへの義務も欲もない。
だから、戦いをやめた。
彼女は自らを薔薇と名乗った。戦いとはまるで違う世界にでも存在するかのような華に、彼女は好奇心を覚えた。

彼女は戦いの世界をただ旅をする。戦いは、殺戮以外の何ものでもない。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

T・ハンプティさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません