このページのリンクアドレス

エブリスタ
エレベーターは…

小説 その他

エレベーターは…

カヒミ

重量オーバーするとブザーが鳴ると言うが...

完結

2ページ

更新:2007/04/13

説明

聞いてしまった。


音ではなくアナウンスを。

エレベーターに確かに人はいっぱいいた。


しかし、明らかにあたしのスペースはあった。


乗っている人みんな普通。

あたしは、どっちかと言えば軽い方。


安心して何も気にせず乗りました。


扉が閉まった瞬間。


大変、混雑しています。しばらく辛抱願います...

犯人はあたし。


空気もちろん止まった。


エレベーターの中で混雑ねぇ。


確かに混んでたけど。


ブザーの一歩手前だったのかなぁ。


あまり体験する事ない出来事で。


後で笑っちゃいました。


でも犯人はあたし...

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

カヒミさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません