このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

届かない唄

小説

届かない唄

白夜

大好きなキミを失った。そして、キミしか愛せない自分に気付いた。

休載中

20ページ

更新:2010/11/20

説明

あのひとが僕から遠い存在になって一年経つ。

僕の記憶はちっとも薄れてくれない。
あのひとと過ごした一時の幸福感を
忘れることができない。


色素の薄い、綺麗な髪。
独特なクセのある声。
同じ空間に在るときの、
心地良い体感温度。

すごく安心して、穏やかな気持ちになれる。
あれは確かに僕の居場所だったんだ──




元カレへの気持ちをそのまんま咏った詩。
一人称は“僕”ですが、れっきとした女です(笑)
なるべく上手く表現できたらいいなと思っています。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

白夜さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません