このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

源氏物語現代語訳

小説 その他

源氏物語現代語訳

けもの

みんな知ってる古典、源氏物語を現代文で読みやすく…って、ちょっとやりすぎ?かも。

休載中

8ページ

更新:2009/03/07

説明

なんとなく「少しは賢く古典文学にふれてみようではないか」という気持ちで書き始めました。
いや、もちろん古典なんて難しい代物、私がまともに訳せるわけではないので、かなり現代的にアレンジしてしまうと思われます。
ちゃんとした敬語使えよとかいうツッコミは無しであらすじを知る感じで読んでください。


まぁ…、みんな知ってるとおり、平安時代の美少年の恋愛話なんですけどね。


源氏物語というお話は基本、作者である紫式部の視点から物語は描かれていますが、ここもアレンジされています。
読みやすく、わかりやすい古典文学を目指して書いています。

更新は遅いので、続きが気になる方は、源氏物語について書かれている本はたくさんあるので、探してみましょう。
たぶん古典文学の分類になるかと。現代語訳されたものもけっこう出ています。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

けものさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません