/ 306ページ
この章 1/31ページ
第1章【危ない隣人】

彼は皆にキスをする。

ほら、今日も朝から
友達の頬に……


「おっ前!朝からそれやめろって」

「朝じゃなきゃいいんだ?」

「そーゆう問題じゃねーだろっ」


男子生徒の怪訝な表情に、同じ学ラン姿の彼は悪戯な笑みを浮かべた。



ここからほどなく歩いた場所に、共学の高校がある。

だから私は朝になるといつも窓を開けて、学生たちの賑やかな様子を観察するのだ。


――だって、気になって仕方ない。

彼が、どうして皆にキスをするのか。

確かにハーフのように端正な顔立ちをしてはいるけれど、日本人には違いなさそうだし

欧米特有のスキンシップと呼ぶには、少し違うような気がするのだ。


私がキス男……もとい
千堂(センドウ)くんを知ったのは、ちょうど1ヶ月ほど前に彼が隣の203号室に引っ越してきたから。

それから数日後の朝に、たまたま千堂くんのキス魔ぶりを目撃してから、無意識に彼の姿を目で追うようになっていた。

だけどこの事は、お兄ちゃんには決して言えない秘密。

だって……


「椿(ツバキ)、今日も留守番宜しく」

「雪兄(ユキニイ)、行ってらっしゃいっ」


私のお兄ちゃんである雪(ユキ)は、私の唇に深いキスをして出掛けて行った。


これは私たち兄妹の日常。

/ 306ページ
この章 2/31ページ

みんなが送ったスター数

193

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛