/ 358ページ

始まり。

(1/8ページ)

始まり。

【予知夢】






その声というものは、それは不思議なもので──






今私は、誰かに呼ばれている夢を見ている。


その夢はどこもかしこも真っ白で、私を呼んでいるのだから誰かがいるはずなのに、その姿はどこにも見当たらない。



ただ声だけが、私の耳に届いてくる。



「小春……」



この声は瞬だ。


幼馴染みのきりっとしたよく通る声に、私はいつものように安心感を覚える。



瞬がいればもう大丈夫……。




しかしすぐ、その声がいつもと違うという僅かな違和感を覚える。


本当に瞬なの?




そんな少しの違和感が、ついさっきの恐怖を思い起こさせて、とてつもない不安を駆り立てた。



ギラギラと怪しく光る眼。

そして、左脇腹の鈍い痛み。


それはただ一瞬の出来事だったのに、私に計り知れない程の恐怖を植えつけた。








『小春、今迎えに行くよ』





え? 誰?







今まで聴こえていた幼馴染みの声とは全く違う声が、辺りに響く。


初めて聴いたはずなのにどこか覚えがあって、


何故か落ち着く……。



その声を聴いただけで、さっきまでの恐怖が嘘のようにほどけていった。


でも『迎えに行く』って、私を迎えに来るの? 誰が?

しかしそんな疑問を考える間もなく、私は夢から醒めた。





/ 358ページ

始まり。

(2/8ページ)

みんなが送ったスター数

7424

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|歴史・時代