/ 6ページ

Garble mail

(1/6ページ)

Garble mail

 





 数年後の私から、メールが来た。
 嘘か本当か、偽物か本物か。

 でも、“もっと早く”と嘆く想いは真意だ。






   【 Garble mail 】

 


 お嬢様が大学に入学された年、数年後の私からメールが来た。すべてが文字化けしていて、わからなかった。何が言いたいのか、何がしたいのか、そもそもアカウントだけで、悪戯でない証拠が無い。訳がわからない。意味不明。
 けれど、差出人は、間違い無く私のアカウントだった。端末が壊れているのかもしれない、と言う考えに落ち着けて、端末を懐へ仕舞った。
「どうしたの? サリュー」
「いえ……お嬢様、私は“サリュ”では在りません。お嬢様。私は……」
「シリアルナンバーは嫌いよ。名前のほうが良いわ。あなたは人型だもの」
 お嬢様はつまらなそうに頬を膨らませてすぐに笑んだ。本当にころころ表情が変わる。コレがヒトなのだろう。私にはわからない。
 この家に来て数年経ったけれど、わからない。



 人々が人型機械『ドール』と暮らすようになってどれ程時が経ったのか。私が家に来た当初は未だ初期運用で普及も少なかった。持ち主も極僅かで、私自身が男性型『ドール』であることも大っぴらには広まっていない。知るのは、我が家のご当主であらせられる旦那様と奥様と。
「サリュ!」
 旦那様よりお世話を仰せ付かっているお嬢様のみ。走ってはいけないと何度申しても、聞いてくれない。私が『ドール』からかと思えば、違うようで、彼女は総じて、こう、なのだ。忙しないと言うか。庭の草花や木々に水をやる私の元へ一目散に走って来る。
「お嬢様。何度も申しておりますが、脇目も振らず走るのはよろしく在りません」
「だって、サリュに一番に見せたかったんだもの!」
 そう言って、お嬢様が突き出して来た手には花が握られていた先程奥様が庭から摘んだ花だろう。『ドール』に花……。お嬢様に今一度私が機械であると戒めねばいけないかもしれない。私は小さなお嬢様に合わせて屈み目線を合わせた。
「お嬢様、私はですね、」
「知ってるわよ、『ドール』、機械でしょ? でもね、サリュ。駄目よ、『ドール』はめずらしくて高価だから、泥棒に襲われるかもって」
 めっ、とお嬢様が人差し指を立てて私を叱る。逆に怒られてしまった……。地味に凹んでいると笑い声が小さく聞こえて来た。目線を向ければ庭に在るテーブルセットでお茶をする旦那様と奥様が笑っていらっしゃった。私は『ドール』でありながら居心地の悪さを感じていた。
 

/ 6ページ

Garble mail

(2/6ページ)

みんなが送ったスター数

1

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|SF