/ 233ページ
この章 1/3ページ
プロローグ



とある学校。


とある教室。


3年1組。


朝の教室。


その黒板に、白いチョークで文字が書かれていた。



誰が書いたのかは分からない。


生徒が来た時にはすでに、その文字は存在していた。


その文字は印刷されたように綺麗で、均一に黒板に綴られていた。


その美しさが、逆に異質な存在感を醸し出していた。


その文字が発見されてから。その日から。



悪夢は始まる。



生徒たちが互いを疑い、恐れ、殺しあう。


騙し、騙され、死んでいく。




そんな地獄が幕を開ける。

/ 233ページ
この章 2/3ページ

みんなが送ったスター数

281

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ホラー・オカルト