/ 6ページ

UpDate.XX/XX/XX-

(1/6ページ)

UpDate.XX/XX/XX-

 





 カプセルには、敷き詰められた花と、少女が、いた。






 この世界は、機械と、植物と動物しかいない。






   【 UpDate.XX/XX/XX- 】

 


 不可視化された『何か』が、廃墟群と化した街の、古びて朽ちた螺旋階段を地下へ向かって下りる。視界で捉えることは出来ないが確かに『何か』はいて、かつんかつんと、下りるたびに一組分、対の音が鳴った。
 螺旋階段は、有事のときか点検、あるいは検査のとき以外他のものが使うことは無い。ゆえに、埃こそ舞わないものの、こうも手摺りは錆び、壁には罅が走るのだろう。

 あとで、修復を命じたほうが良いかもしれない、と、下りつつ見えない『何か』は考えた。

 階段を下り切ると、開けた場所へ出る。橋が渡されたそこは、地下水が湛えられ灯りのせいで七色に輝いていた。この灯りの色は地下を張り巡らせた管が、稼動の機械から洩れる光を透かすからだった。水自体栄養素を含んでいるので色は付いているが、基本クリアブルーなので、ここまで色が変わることは無い。橋を歩くと、ぎっ、と音がした。防水加工されているけれど、経年劣化は免れないらしい。ここも、点検のとき要注意だな、なんて。『何か』は思いながら進む。

 やがて、橋を渡り終えた先には花畑が広がっていた。太陽光も届かない地下で花たちは青い光の中、うつくしく、また密やかに、群生していた。
 今日もここは静かだと感じて、花畑の中を抜ける途中、足を止め耳を澄ませて周囲を見渡す。青々とした、何も無い夜みたいな世界で揺れる花々に、こう言うのを、幻想的と言うのだろうな、などと呑気に考えて、一旦止めた足を再び動かした。



 しばらくして、装飾の施されたホールのようなところへ辿り着いた。目的地だ。奥に鎮座する一個のカプセルの前へ行くと、見上げた。見上げる際、視認出来ない『何か』の隙間から、白と言うのか、銀と言うのか、もしくは白金か、細く細かいものの束が一房零れた。

「───」
 カプセルには、敷き詰められた花と、少女が、いた。
 全体的に、白い少女だ。髪だけが青みがかった黒。一見花に埋もれ眠っている普通の、きれいな少女……に、見える。
 しかし、少女は普通の少女ではなかった。



 この世界は、機械と、植物と動物しかいない。
 動物も、一部、何と言うか、そう、『ヒト』がいない。猿もいない。遺伝子配列が似たり寄ったりだから、爆発的に流行ったウィルスにやられたとか言われている。真偽は誰も知らない。記録も疎らで、修復を試みているけれど、歯抜けが多く上手く行っていない。

/ 6ページ

UpDate.XX/XX/XX-

(2/6ページ)

みんなが送ったスター数

1

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ライトノベル