/ 183ページ

序章 世界の選択

(1/2ページ)

序章 世界の選択

 

とある遺跡の中、傷ついた一人の青年がいた。

青年の身なりは酷いもので、服は破け、体の所々から血を流していたが、その瞳には何か執念を感じるものがあった。




ああ、やっとだ……やっとここまで来たんだ……

いままで散々酷い目にあった。

皆、皆死んでしまった。

ついさっきまで、共に戦い幾多の困難を乗り越えてきた仲間も俺以外、皆死んだ。

だけど、希望がない訳じゃない、まだ全部諦めるには早い。

そのために仲間を犠牲にしてきたんだ。

心が荒み、何度も投げ出してやろうと思った。
こんなに辛いならもういっそ逃げ出して楽になろうかと思った。

絶望に押し潰されながらも、それでも仲間がいたから投げ出さず、逃げ出さず、少しずつ進んできたんだ。


「さあ、なんでも叶えてくれるんだろ!?」

叫ぶ。
目の前には、光輝き、純白のドレスを身に纏い、見るものすべてを魅了するかのような美貌をもった女性がいた。

「いいでしょう。いってごらんなさい、貴方の願いを……」

「────────────!!」

/ 183ページ

序章 世界の選択

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

3200

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ライトノベル