/ 7ページ

甘い傷の数だけ夢は連なるーー

(1/7ページ)

甘い傷の数だけ夢は連なるーー

 永遠に完成しない往復書簡をやり取りする様な、課長と私とのやり取り。
 一方通行のやりとりなんて、こんなものだ。
 星の光もぼやけ、暗中模索が続く。
「だって今週会えるって言ってたのに…」
 口にそう本音出したって、彼にそう書き込めるわけがない。
「お仕事、頑張ってください。待っていますーー」
 バイブと共に変わらず「既読」だけ帰ってくる。

 ただそれだけ。

 争いもないしふざけ合い、ぬくもりもない。
 ずっと、囚われている?
 おなじ気持ち? おなじ温もり? おなじ孤独に?

 ーー旅の支度なんてしちゃダメだよね?
 タバコを吸うのに特に理由もいらないし、お酒を始めるのに憧れから始めるのと一緒。
 踏み込めない自分に打ち拉がれてる場合じゃない。
 私の心に甘い傷を掻き立てる。
 会えない時と胸騒ぎのうちに、他の男が入り込んでくるのは時間の問題。
 ーーもう止められないの?
 でもこの男は嫌だ。少なくとも後輩の「香川」みたいなのは。

 中学の時の2年後輩で、いつの間にか高校も一緒くたになって付いてきて、よりによって就職先まで一緒…
 大手化学会社の地元の製造所。私は経理であいつは検査。
 普通なら顔を合わせるのはめったに無いはずなのに。
 香川のやつ。
 いちいち私を構い過ぎ。というか面倒くさい。
 仕事中は何かにつけて事務所に関係のない書類を持って顔を出してくるし。
 遂には私の休憩中の楽しみにまで「侵食」してきた。
 昼休憩のスマホいじりは私の聖域だ。
 スマホで小説書いてウサ晴らしすることは、私にとって最高のストレス解消なのに。
 それを邪魔する奴は社長たりとも極刑レベルだ。
 所謂ナードな容姿とかはまあさておいて。問題は行動全般。
 除菌剤があればその場で滅菌したいほど典型的なキモキャラ対応。
 なんで腐れ縁になってるのか自分でも理解不能だ。
「お前はなんだもう離れろ! 1回ぐらいストーカー規制法で逮捕されろ!」
「いやもう良いじゃないですか! 向い合って飯食うぐらい。誰も「あーん」しろとか要求してるわけじゃ…」
「当たり前じゃこのボケがぁああああああ!」
「ほぐわぁああああすぅううっ!」

/ 7ページ

甘い傷の数だけ夢は連なるーー

(2/7ページ)

みんなが送ったスター数

389

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛