/ 296ページ

*プロローグ

(1/3ページ)

 茶柱が立っていた。
 僕の目先ほんの数十センチのところで今、その奇跡は起きていた。


 茶柱が二本、立っていたのだ。


 僕は思わず頬を緩め、左手に持っていた急須の口を上げた。上げたのだが、急須の口に留まっていた一滴が、二つの茶柱の丁度中心へと落下していった。


 波紋が広がり、僕は思わず緩めていた頬を強張らせ、その行く末を見届けようと顔を近づけた。
 

 僕がそこに居た。
 僕のよく知る、僕の容姿をした僕自身がそこに映り込んでいた。


 淹れたばかりの日本茶。
 一滴の衝撃で茶柱が倒れる事などありはしないと知っているのに、僕は心底安堵した。


 二本のそれは今も、僕の顔が映り込んだ水面で背筋を伸ばしている。

/ 296ページ

*プロローグ

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

163

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー