/ 190ページ

第1話 眠れぬ夜の先で

(1/9ページ)

第1話 眠れぬ夜の先で

始めは、脳の中程から伝わる微細な振動だった。

けれどもそれは潮が満ちるように時間とともに強さを増し、次第に脳ではなく心臓あたりに揺さぶりをかけ始める。

恨みでもなく、悲しみでもなく、ただ執拗に『その身に起こった不具合』を訴えてくる。


神田綾斗はベッドの中で丸くなり、掛け布団の中に頭まですっぽり潜り込んだ。

無駄なのは分かっていた。

聴覚が捉えるのではないその声は、物質など易々とすり抜け、綾斗の特異な感覚器官に到達する。


―――かなり近い。 駅か……。 くそっ……。


込み上げてくる苛立ちに任せて心の中で舌打ちをし、掛布団から顔を出す。

ベッドサイドの電波時計は深夜1時を過ぎたところだ。

ようやく少しだけ眠気が訪れかけていたところだったが、多分もう眠れない。

/ 190ページ

第1話 眠れぬ夜の先で

(2/9ページ)

みんなが送ったスター数

1738

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|青春・友情