/ 47ページ
この章 1/2ページ
#1.紳士と朝食

やあ、諸君。私だ。

突然だが君たち、
"好きな子ほどイタズラしてしまう"
という感覚を覚えているかい?

私は妻と結婚して8年になるのだが、
いまだこの感覚にさいなまれていてね。

今日も思わず妻のコーヒーを、
全て醤油に入れ替えてしまったよ。

お、丁度妻が起きてきた。

お寝坊さんだなあと言うと、
朝の挨拶はおはよう、でしょ?
とたしなめられた。

はぁ…愛しい…

二人きりの優雅な朝食。
妻はその細い手でコーヒーカップの柄をふわりとつまんだ。

そして軽く目を閉じて口をつけ、醤油を盛大に吹き出す妻。

醤油まみれになったテーブルクロスを見てドン引きしていると、妻はガハッ、ゴホッと醤油を吐き出しながら、ヨロヨロと冷蔵庫のコーラのフタを開けた。

ぬかりはない。もちろんこちらも醤油だ。

二回目はガブ飲みだったらしく、妻は先ほどよりも豪快に醤油を撒き散らした。
地面をもがき苦しみながら転げ回る妻の姿は、絵面的に悲惨だった。

私のコーラはどこ?と妻の涙目が訴える。
ようやく私はネタばらしをした。実は醤油とコーラのボトルを入れ替えていたんだよと。
妻はじゃあコーラは醤油のボトルに入っているのねと、醤油のボトルをラッパ飲み。

当然、醤油ボトルの中身は醤油である。

醤油をラッパ飲みするなんて、今日はどうしたのと半笑いで尋ねると、
妻は私めがけて硫酸をバケツごとぶちまけてきた。
ハハッ、目がマジだ。お茶目だろう?

その日以来、妻はコーヒーかコーラが注文できる寿司屋に行くときは、必ず硫酸を持参するようになった。

次は茶葉とワサビを入れ替えておこうと思う。

/ 47ページ
この章 2/2ページ

みんなが送ったスター数

164

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|お笑い・ギャグ