/ 43ページ
この章 1/2ページ
当日: 23時27分 中盤戦、ある男女の死

そこは子供服の店だった。先ほど通りかかった店よりは少し広さがある。俺はどこから迫ってくるか分からない影に怯え、そこに飛び込んだ。

幸いにも、子供服に紛れて隠れられるだけのスペースはなく、試着カーテンも全て開かれていたため、誰もいない事が数秒で確信出来た。

「ID:28 サキュ538様、脱落。クリティカルポイント、頸部圧迫による窒息死」
また一人死んだのか…。脱落という言葉のすぐ後に続く死というワードに俺はうなだれた。

三つの試着カーテンを全て閉めると、その中の一つに隠れてしゃがみこむとすぐ、俺は端末を開いた。ここに来て死のペースが明らかに上がっている。原因は金をちらつかせた特殊ルール追加のせいなのか?それとも、他者を信じられなくなった疑心暗鬼の塊に誰もが心を侵されたからなのか?
こうなると、この狂った祭りが終わるまで身を潜める事しか出来ない、そう本能的に悟った。
最悪、タイムアップまで誰ともエンカウントしなければ、生きて帰る事が出来る。

地獄絵図だった。命乞いをしている人間を追い込むように鈍器で叩いていたあれは・・悪魔じゃないのか?人間とは思えない。何故ならその人物は、返り血を浴びながら至上の快楽を得たような恍惚の表情で瀕死の人間を叩き続けていたからだ。

その時、隠れていた試着カーテンの外にゆらりと影が映った。
 
誰か来やがった。
俺は息を潜めた。

頼む、いなくなってくれ!
頼む、頼む、頼む、頼む、頼む!!

「……いた」
「ひぃ!」

サッ、とカーテンを開けたその人物は、暗がりでほとんど顔が見えなかったが、確かに美人だと瞬間的に俺に思わせた。
「あの…その」

大振りの包丁が、水滴のようなものを垂らしながらその美人の手に握られていた。
もしかしたら一緒に隠れてやり過ごせるかも、なんていう甘い考えを持ったのが間違いだった。

よく見たら、その女の目は不思議とこの時間を楽しんでいる幼子のような無邪気な目だった。それを認識した瞬間、俺の思考を司る部分に包丁が無遠慮に入りこんできたのだが、その事を感覚的に捉える事は、もう俺には出来ないみたいだった。
ただ一つ、瞬間的に先ほど考えていた事を思い出した。
殺しのペースが加速している理由、それはきっと目の前の女のような、暴力に魅せられた人間のタガが外れたからなのだろう。

しおり
コメント(0)

みんなが送ったスター数

127

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

/ 43ページ
この章 1/2ページ

注目作品

人気の作品