/ 163ページ
この章 1/6ページ
従兄妹

沫雪は 千里に 降りしけ恋ひしくの 日長き我れは 見つつ偲はむ



沫雪よ、幾重にも降り積もれ、何日も何日も長く恋し続けた私は、雪を見てあの人のことを思います。



作 柿本人麻呂かきのもとのひとまろ 「万葉集」より

しおり
コメント(0)

みんなが送ったスター数

393

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

/ 163ページ
この章 1/6ページ

注目作品

人気の作品