/ 174ページ

結婚って、どうやってしたらいいんでしたっけ?

(1/88ページ)

結婚って、どうやってしたらいいんでしたっけ?

 


 今日の社食はラーメンで。

 蜂谷はトレーを手に席を探していた。

 いや、本当は外のラーメン屋に行きたかったのだが、時間がなかったので、社食の美味しいんだか美味しくないんだかよくわからないラーメンを食べることにしたのだ。

 近くで、同じラーメンの匂いがするな、と思い、振り向くと、向井がラーメンの載ったトレーを手に立っていた。

 そして、近くのテーブルの席が二個空いた。

 二人で無言でその席を見たあとで、なんとなく向かい合って座る。

 一緒に食べているのにしゃべらないのもなんなので、二人で、当たり障りのない社会情勢について話していた。

 ラーメンを食べ終わり、水を飲んだあと、ふと……

 本当にふと、という感じで向井が言ってきた。

「蜂谷、結婚ってどうやってするんだったかな」

 思わず、水を吹きそうになった。

 いや、あんた、それを俺に訊きますか? と思いながら見ていると、気がついたように、
「ああ、すまん。
 ただの魂の叫びだ」
と向井は言う。

/ 174ページ

結婚って、どうやってしたらいいんでしたっけ?

(2/88ページ)

みんなが送ったスター数

659

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛