/ 347ページ
この章 1/2ページ
1


仕事の帰り道

会社のある駅にあるコーヒショップに立ち寄るのが私の日課

いつも座る席は、駅が見える窓側の席

カフェラテを飲む

何をするわけでもない

ただ……窓の向こうにある人が歩いて来るのを見ているだけ



ーーーーそれだけで幸せだった


私がカフェラテを飲み終わる頃、彼の姿が見えた

私は見ているだけで満足なのに

彼は、店舗内までやって来て私に声をかける

「何してるの?」
「休憩……」

いつもと同じ言葉をかけ、私の頭をクシャて触って
「じゃあ」
と言って、彼は去っていく



それだけの関係……




彼は今から、仕事に戻るのか?

彼女の所に行くのか?

私にはわからない……

彼は何も喋らない



ただ『私を守りたい』と言うだけ


それが、どういう意味なのか


今の私にはわからない



/ 347ページ
この章 2/2ページ

みんなが送ったスター数

7218

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛