/ 18ページ
この章 1/2ページ
第一章 遠い記憶

 
 俺が幼稚園に通っているころ、桜の木の下で『しーちゃん』と出会った。

 明るい笑顔が印象的で、かけっこをしても全然勝てないくらいに元気な女の子。でも俺が転んで膝を擦りむくと絆創膏を貼ってくれたり心配してくれたり、優しくて面倒見も良かった。一緒に遊ぶのが楽しくて、気が付けば夕方になっていたなんてこともしょっちゅうだった。

 そんな彼女に俺は密かに想いを寄せていて……。


 全てが懐かしい思い出。今、しーちゃんはどこで何をしているのだろう。
 

/ 18ページ
この章 2/2ページ

みんなが送ったスター数

17

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛