/ 362ページ
この章 1/9ページ
プロローグ

「弥生ちゃん、どうしよう。このままでは私、就職浪人だ」

紅葉の季節が終わった四回生の晩秋、また不採用通知が届いた。
スンと鼻を啜り、見上げる先には、憎らしいほど晴れ渡った空。

眩しい。今の私には眩し過ぎる。

目を逸らし、項垂れる私の頭を親友はヨシヨシと撫で、「めげるでない」と溜息交じりに言う。

「本当に不思議だ。なぜ香織に桜が咲かぬのだ。どうも腑に落ちぬ」

周りの子たちは行く先も決まり、心はすでに春。
それに比べ、桜どころかぺんぺん草も生えない氷河期真っ只中の私。

五里霧中の今の私に、どんな言葉であろうと慰めは嬉しい。

「ありがとう、弥生ちゃん。私も聞けるなら理由が知りたい」

本当に、何がいけないのだろう。

たぶん、内申書は悪くない……と思う。
一応、成績は上の下を維持してきたし、素行は胸を張って良好と言える。
在学中、管理栄養士の資格も取ったし、自力で調理師免許も取得した。

容姿は並みだと思うが、べつに美人秘書を狙っているわけではない。
だから、そこが問題ではないだろう。

私はただ、食に携わる職場で働きたいだけだ。

/ 362ページ
この章 2/9ページ

みんなが送ったスター数

375

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ホラー・オカルト