/ 100ページ

プロローグ

(1/3ページ)

プロローグ

飲食物が、襲ってくる。
誘惑しながら、食べてくれなきゃ死んでやる、とこっちを脅してくる。
私たちの仲間意識は強いよ、と徒党を組んでこっちを攻撃し、だから食べて、と何度も何度も呟く。
ねー、食べて、だってそっちも食べたいんでしょ、こっちも食べてほしいの。食べてしまえばお互いウィンウィンの関係じゃん。
そう食べてと願ってくる子たちの肌色はとても良い。ツヤも良く、本当に綺麗だ。

こっちだって、食べたいよ。
でも、あなたたちを食べたらこっちの脂肪となる。
大嫌いな、世界で一番醜い自分の脂肪。
顔の周りやお腹の周りに付く、大嫌いな脂肪。
痩けたい。痩けたい。痩けたい。

一人暮らしの家で、床に寝転ぶ。

食べ終わったお菓子の袋や、カップラーメンのゴミなどが散乱している。

食欲なんて、なくなればいい。
食欲が存在する限り、私はこれからあと数十年も自分の食欲と戦わなくてはならないんだから。

もう、空気を食べてしまおうか。

/ 100ページ

プロローグ

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

173

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛